行き・空港編~成田からモーリシャス空港、そしてホテルまでの道のり

12月 9, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: ポートルイス 

ここでは、成田を出発してモーリシャスの空港に着くまで、空港からホテルに着くまでの流れを説明しています。

空港では色々と不安なことも多いと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

フライト情報

私が申し込んだツアーのモーリシャスまでのフライト情報です。

行き

行きは成田を夜に出発して、ドバイで一日ステイ、現地時間の深夜にドバイを出発して、早朝にモーリシャスに着というスケジュール。

  • 成田発 9/7 22:00
  •  ↓

  • ドバイ着 9/8 3:30頃(現地時間)
  •  ↓

  • ドバイ観光
  •  ↓

  • ドバイ発 9/9 2:00頃(現地時間)
  •  ↓

  • モーリシャス着 9/9 8:00頃(現地時間)

成田を出発してからモーリシャスに着くまでは丸1日以上かかりました。

帰り

帰りは、モーリシャスを夕方に出発して、ドバイで2時間のトランジット。成田には夕方に着というスケジュール。行きと比べると楽でした。

  • モーリシャス発 9/14 18:00頃(現地時間)
  •  ↓

  • ドバイ着 9/15 0:00頃(現地時間)
  •  ↓

  • ドバイ発 9/15 2:00頃(現地時間)
  •  ↓

  • 成田着 9/15 17:00頃

お分かりの通り、モーリシャスは、遠いです。

日本からモーリシャスまで

日本からモーリシャスに行くには、エミレーツ航空でドバイ経由か、シンガポール航空でシンガポール経由です。私はエミレーツ航空で行きました。

成田からドバイまで11時間(行きは12時間、帰りは10時間)、ドバイからモーリシャスまで6時間。ドバイでの乗り換えは2時間以上あるので、到着までにほぼ丸1日かかる、日本からはとても遠い国です。

ドバイでの乗り換えですが、私が行ったツアーだと行きは夜9時にドバイに着いて6時間後の深夜3時ごろにモーリシャス行きが出発するという強行日程。。。

さすがに6時間待ちはつらいので、成田-ドバイのフライトを変更し、ドバイで降りて観光しました。

ただ、ドバイ空港は「24時間眠らない」と言われるだけあって、免税店やバー、カフェ、マクドナルドなどが24時間開いています。

深夜に出発する便も多いため、人の数もすごい!浅草の仲見世のような賑わいでした。(例えがシブいですが。。)

そして空港内が広い!

第3ターミナルがエミレーツ専用ターミナルなのですが、端から端までは人をかき分けて15分くらいかかります。

お店もたくさんあるので買い物が楽しいですが、出発の時間を気にしないと後でかなりの距離を走ることになります。

ドバイを深夜3時に出発して6時間後、モーリシャスに到着です。

空港

モーリシャスの空港はサー・シウサガル・ラングーラム国際空港といい、首都ポートルイスの南東48kmにある国際空港です。

名称はモーリシャスの初代首相シウサガル・ラングーラムからきているそうです。

モーリシャス空港の建物は老朽化が進んでおり、すぐ隣に新しい空港ビルを建設中でした。

もうすぐ新しく生まれまわるようです。

モーリシャス空港

上の写真の、左の白い建物が現在の空港で、右にあるガラス張りの建物が、建設中の新しい空港ビルです。

入港審査もすんなり通り、銃を持って立っている警備員などは見かけませんでした。

到着ロビーは狭く、旅行会社のカウンターが10ブース程と、両替所しかありません。お店がないので、水・食べ物などは購入できませんでした。

両替と通貨

両替は空港で行なうと良いと思います。

首都ポートルイスなどの大きな街ではレートが良くなりますが、ホテルから遠いとこも多いです。
モーリシャスの通貨はモーリシャスルピー(Rs)といい、1モーリシャスルピー=2.5円(2012年9月時点)ほど。

高級ホテル内や空港内の免税店では、ユーロも使えます。

空港からホテルまで

空港からホテルまでは、ツアーに含まれている送迎バスで移動しました。日本で依頼した旅行代理の委託業者である現地の旅行会社のバンで移動です。

日本から遠く離れ、飛行機内、空港、街などではほとんど日本人を見かけませんが、現地の旅行会社にお勤めの日本人の女性が、到着ロビーから送迎バスまで丁寧に案内してくださいました。

送迎がない場合は、タクシーが便利です。相場が決まっており、ぼったくられることもあまりないようです。相場だけは調べておきましょう。

空港から私が利用したホテルまでは送迎バスで1時間半の道のり。

海岸沿いの道をひたすら北上しました。

モーリシャス空港からホテルまで1

車窓にはサトウキビ畑が広がっており、建物や人がなければ沖縄のような風景でした。

途中何度か村を通り過ぎ、人も見かけました。そのほとんどはインド系の住民です。イギリスの植民地時代にインドから労働者として連れてこられた人々の子孫です。


インドの寺院もみかけました。

くねくねとした道が多く、長時間のフライトで寝不足だったため、送迎バス内では気分が悪くなりました。

酔いやすい方はあらかじめ酔い止めを飲んでおくことをお勧めします。

気候

私がモーリシャスに行ったのは2012年9月中旬ですが、モーリシャスは南半球のため日本の初夏のような気温でした。

最高気温が26℃ほどと、昼は半そでやタンクトップでも快適な気温ですが、夜になると肌寒いです。

夜はパーカーやカーディガンを羽織っていました。

また、天候はほとんど晴れていました。
6日間の滞在中、雨は1度だけふりましたが、数時間だけでした。
暑くもなく寒くもなく、とても過ごしやすい気候でした。
ただ、紫外線はとても強いので、ビーチリゾート用の日焼け止めを毎日塗りましょう。

言葉

公用語は英語とフランス語です。

ただ、地元住民の間ではクレオール語というフランス語に近い言葉で会話しているようです。
ホテル内の案内は、英語とフランス語でした。

モーリシャスの住民

7割はインド系の住民です。その他、クリオーリョ(黒人)、中国商人などがいます。

モーリシャス島はもとは無人島でしたが、オランダ、フランス、イギリスの植民地時代を経て、1968年に独立しています。

植民地時代に労働者として連れてこられた人々の子孫が、現在の住民の多くとなっています。

滞在中のスケジュール

モーリシャス滞在中のスケジュールはこんな感じでした。

  • 1日目:モーリシャス到着、すぐにホテルに向かう。
  • ホテル内探検・グラスボートなど

  • 2日目:ポートルイスに出かける
  • 夕方ホテルでテニス

  • 3日目:ホテルで過ごす。
  • 夕方ホテルでテニス

  • 4日目:オプショナルツアーでイルオセルフに行く。
  • 5日目:ホテルで過ごす。
  • ビーチで日光浴や読書、釣りなど

  • 6日目:午前はホテルでエステ、午後モーリシャスを出発。

気の向くままにゆっくりと過ごせました。

旅行記のつづきを見る

旅の続きはこちらからどうぞ。

帰り編 ~さようなら、モーリシャス

12月 5, 2012 by · 2 Comments
Filed under: 空港 

ホテルから空港まで

18時のフライトに向けて、14時頃にホテルまで送迎車が迎えに来てくれます。

ホテルから空港までは来た道と同じ道を通って1時間15分ほどで到着。

空港

モーリシャスに到着した際に迎えてくれた現地旅行会社の日本人女性が待っていてくれます。

その方に出発手続き、余った通貨の両替を手伝ってもらい、そのまま出国の手続きに進みます。

両替所はいくつか並んでいますが、日本円を持っている両替所は少なく、日本円を取り扱っていても現金が少ない場合があるため、できれば使い切ったほうがいいです。

旅行会社の日本人女性に日本円を持っている両替所を聞いてもらい、両替しました。

きりのいい2万円にするのにあと5円分のモーリシャスルピーが足りなかったようですが、おまけしてくれました。

日本では考えられませんね!

そのまま日本人女性に別れを告げて、出発ロビーに行きました。
ターミナルが3つしかないため、迷うこともありません。

免税店やお土産物屋さん、本屋、カフェなどがあり、モーリシャスルピーだけでなくユーロも使えます。

免税店は、お菓子やお酒・化粧品などを売っている一般的な店とラルフローレンがありました。

ターミナルは少ないですが、とても賑わっていました。

その後、定刻どおりにモーリシャスを出発しました。

モーリシャス~成田まで

18時にモーリシャスを出て6時間、夜中の0時にトランジットのドバイに到着です。

ドバイのエミレーツ専用ターミナルは、帰りも混雑していました。

2時の出発まで2時間ありますが、1時間はお土産などの買い物をしましたが、1時間経ったところで飛行機への案内が始まりました。

もう?って思っていましたが、行きと違って飛行機までバスで行くため、案内が早かったようです。

飛行機までは今までで一番バスに長く乗ったような気がします。
空港内のアナウンスをよく聞いてないといけませんね!

2時過ぎに出発し、日本まで10時間、日本時間の17時頃に成田に到着しました。

旅行記のつづきを見る

旅の続きはこちらからどうぞ。

  • モーリシャスの基本情報

    モーリシャスの地図
    • 国名:モーリシャス共和国
    • 英語:Republic of Mauritius
      フランス語:République de Maurice
    • 公用語:
      英語、フランス語、クレオール語
    • 首都:ポートルイス
    • 人口:1,288,000人(2008年)
    • 独立:イギリスから
      (1968年3月12日)
    • 通過:モーリシャス・ルピー
    • 時間帯:UTC (+4)(DST: なし)
  • Gallery

    09b36565bcd059bbb08b6c198fc61c9c 0a05274dcf51665bc91e7799433b657a 0b0487656da92724b77b881c4f743753 0b133b52c651b02088d6620c7c0ca175 119f29f1a95e08fc482ab0a2fc5f6810 1463af701fb93ce0f95ea5283d4f859e 152f14de18c76a0a6f812342193752f9 19221a7ef4b70f3b188de980c9d0ed6b 1c19e86e515fb7e3797bee10bc0b3aeb 1c790cbd59635201fe2aefd7953c0c54 214e96ebf0199f3b0aad0ae88a72ee5b 31783161cc25ac4b274dd929a05834fe 3262b9b52a442662e90740e77572e2bc 353a154d0b2a1575b254e4c33e2d9585 4bd442c35a18970a428124d5723a258e 504df5dfc1914d793f72ea39e4c10507 597c1e04fc7858b69fc2bf549d66fc8f 5a486e31529c34d21029f9af75fb137b 5fd1b27d22d82fd6c54b4ada96c961e5 6009451da55df205b5f374da9d9a472a 64c0053b8507f65e6e5c5016872e80ab 65e399c80d7865a2f054fe5115ea022c 68d00cad7216d3862e98326d7ebe9d1c 757a4bfcf4887e7017fe87bd0c2b94cc 75d5d7ccea97150bc307b24d26503775 787a590dcab3db320e07784e6833cb48 79c6044a605d73e5db272f1b6a6fc9ec 7e3a21405ee8749f56ceed27484da1f3 84ada0a885f7fee165ccba9baed15d13 8577ca0b53c21740294f0c107b8222d3 8fdcd28d1047335700726557f7b72ebf 978831d5063a15b03434e7186dcee55f 99287594fa5fc009f2d539ceccb088e4 9f855b8c6dd015bb63703f360bf1c3d6 a49cfd6793335cdc031c0c267d1c5e77 a7117a877ee473cd44d28aca16ba9a35 b1fb16f60fcc5f2596f48038b78bd437 b2935e9691e59ddbd9b453970e61be96 bbfd71f9093ce3a14137c64a55a21c8b bfd757cd74fe949dd10f3f996472217d c4b2481ef2e7a813970d2f2480ef23d6 c8c165e04f0ed8f9c057d1c9ca73e5aa cab5bf1c0ec833479831eb84b2f5f791 cd780088574927aaba493e3405193486 d05b2a82acd369fd2dd8f01098fba858 d082e88fe465af96352cc953ba8bc3f9 d719ceb678246982dc7eb2fa596fdf87 d8a676798d432bd8a7e9317ae6873fb5 dc5704b71e769ffc0655b7662d837acf dd8d424408cc15a44d230a553734cb36 df2dfedb87d7277f311c1a6847dfd5fd e8eb7c8ff7cd16b500922e894295c705 eb017dc5a5c036b165a8d00a0b469d6a f23ff8df9087e53dbe30857b4a2cf2cc f65c4a5676cc54f26796c6c1baee1d84 01df5495979e9bfffb5ce0acc6b2b289 01eeb252314583ae5386f57321b36589 072984d076c5ca5757e7e68e47e843ed 2c822c6237412a997dc6bdb403b19e26 34ebc06d6019c6d412801793ffe0cfe7 86ad040616c326073ff55d13dd2cb879 a7fe215e85b19244117cb81a2204e53d b441111013f516dffe2160b3e0cd27ff b6090b82ce7b9fd86852c83205dd7978 d5d31d6feddc91ff852415a8300b9164 1680fca94dda4be3f01e1aa49c48d1e3 6c87ef75e8092209c7b9e161fa2df77a 7ac2061a9d9bb5dab311847f5e79c781 8377ade40940d4690da682e616d7aa4d 87b44c075acc0470f56659fabd6a1841 8f933e7c07487f05a5d2c177acadcd36 911d72cc124204fdc659b5459091d9d3 936ca825f798c627dbad6c86c853bdf0 9dd68b5c48585f3c4d90801326a15d28 b41c00f6b09ca0ff8f2ce8c5b7fc45d7 f7eddabf4ffee76f860333f91daa0077 fe65572f3e38e4c6bd5255351b507aa2 1070d443e897c71afdd9e68ed5046b6b 12a36b46409396cb4529b3054f15db3d 2ee79e5d8830bd176186aa66c272ec76 2ffe7283151e91a7ae877915c8cb595e 3208238514267adcc970b50a745a0fe5 457c2eb997b6d753d35764b9fb4f173b 6738c464f0c493aed488cd79e9e420fd 6b38fb0771f6c4fc8cb8f5f049ba6be9 6faf6ac96c9315b263b8161c8d8e053c 77f991fdf3219acef24bb67b891c498d 80dcfced6f165dc0632f30440205f010 8700de7e9b813c0bbc055288339b7ce3 a38da8f9687bcf6bdee1273d9ff080fc ab27f16d2cab2678c86f91558455020a ae43aaa27ac566ef00a9ce09172ffab8 bd47531b71b7a9ab22ef917954d78377 d118fb4e23030c3a5757aa0991a9e1c4 d77004dd4f717fb687aa92c7cac6a4a1 f23d16d579a34176b568d91c4860f542 f4615e908d7383254f5dd1481459ae65 fba154623377f669b037c513215c1a04 68ad4ebacac36234f7a895a8055b1cd4_0 fa824e8d4006016b4be83209c72c6598_0